シミウス シミ シワ 大人ニキビ

MENU

若頃とは違う大人ニキビとは?

大人になって出来るニキビと10代の頃に出来るニキビは、なんか治りも出来るタイミングも違うと感じたことはありませんか?

 

同じニキビの様に感じますが、出来る場所も原因も全く異なっているのです。
では一体何が違うのでしょうか?

 

思春期のニキビ

10代の時に出来るニキビを思春期ニキビと呼びます。
思春期ニキビは皮脂分泌が過剰になってしまうため、それによって毛穴が詰まりやすくなり
ニキビの元になるアクネ菌が繁殖しやすくなるのです。
この頃は、成長ホルモンが皮脂腺を刺激して皮脂が過剰に分泌されるため皮脂量が多いのです。

 

20代を過ぎるとホルモンバランスが整ってきますので、それと共に皮脂量も正常になりますので、次第に思春期ニキビは出来なくなります。

 

皮脂分泌が主な原因のため、出来る位置としては皮脂分泌が多い額や鼻などの、一般的にTゾーンと言われる場所に出来ます。
広範囲に小さいニキビが沢山出来る人が多いのが特徴です。

 

気を付ける事としては、皮脂分泌量を正常に保つため
・洗顔をし過ぎない
・水分をしっかりと取る
という事に気を付けましょう。

 

大人のニキビ

大人になってニキビが出来ても、なかなか治らなくないですか?
それは、成長期の頃のニキビとは原因が異なるからなんです。

 

思春期を過ぎて出来るニキビには要因が沢山あります。
「食生活の乱れ」「スキンケア」「暴飲暴食」「ストレス」「睡眠不足」「化粧品」「生理前」など、生活習慣からホルモンバランスまで様々です。

 

一つに絞るのは難しいのですが、ほとんどの方が生活のなかでのストレスや不規則な生活習慣によって、肌が生まれ変わるターンオーバーがどんどん遅くなってきます。

 

正常な人のターンオーバーは大体28日で生まれ変わると言われており、どんどん新しい細胞が作られるため、ニキビが出来にくい環境なのですが、ターンオーバーが遅れる事によって、古い角質がとれなくなり、角質層がどんどん厚くなり毛穴が詰まりやすくなります。

 

結果、ばい菌が繁殖しやすい環境になって、大人ニキビができると言われています。

 

様々な要因がある大人ニキビは、思春期ニキビとちがって、Uゾーンと呼ばれる頬や顎に出来やすくなっています。
そして広範囲ではなく、ポツポツと大きなものが出来るという特徴があります。

 

大人になってからのニキビは原因が広範囲のため、これを治したらニキビが治る!というわけではありません。
つぶしたり触ったりせず、生活習慣全般を見直して、睡眠と水分をしっかりと取るなど身近な事から改善していくと跡が残らず綺麗に治ります。